車のメンテナンス

ボディは、クルマの外側で一番大きな面積を占めてるね。クルマのキレイ&キタナイって、ボディで判断されちゃうからこまめに洗おう。
けど、ボディって簡単にキズが付いちゃうから、洗うときは慎重にね。

車のメンテナンストップページ → ボディの洗い方 │ サイトマップ

車の表面積の大部分を占めるボディ!

キレイ・キタナイの判断材料

ボディは、車で一番目に付く部分。ですから、汚れが目立ち、一目ではっきりとわかります。 ボディは、カーシャンプーで洗うのが王道です。

まず、ボディにたっぷりと水をかけて汚れを浮かせて洗いやすくしてから、水をたっぷりと含んだスポンジにカーシャンプーをつけてソフトタッチで洗います。 まんべんなく洗ったら、たくさんの水でカーシャンプーをしっかりと流します。 カーシャンプーが残ってしまうと、太陽で熱されたボディでカーシャンプーがシミになって残ってしまいます。 水をかけ終えたら、乾いた布で水分を拭きます。水分が残っていると、水垢の原因になってしまいますよ。


スポンサードリンク

洗う順番ってあるの?

車のボディは、上から順に行っていくのが鉄則です。 汚れは水分と一緒に下へ落ちていくからです。もし、先に下を洗ってから上を洗うと、上の汚れが下につくので洗い直ししなければいけません。

また、パネルを1枚ごとに仕上げていくクセをつければいいですよ。 ルーフに水をかけてシャンプーして流す。次はボンネットをやって次はドアを1枚ずつ仕上げていきます。 全部のパネルを水で流し終えたら、乾いた布で水分を拭き取ります。ボディが乾く前に、早くシャンプーを終えてしまいましょう。 1台まるごとシャンプーしてもいいのですが、1台洗うのに結構時間がかかります。 もし、シャンプーが乾いてしまうと、洗い流しにくいだけでなくボディのシミの原因になります。

カーシャンプー

カーシャンプーは、キャップで少しの量をバケツに入れてたっぷりの水を注ぎ込み、シャンプー水を作って洗います。

スポンジに直接カーシャンプーをつけるのは、つけすぎです。すすぎがタイヘンになり、ボディに残るとしみの原因になります。

時間帯よって洗車の労力が違う?

小技として、朝か夕方に洗うのがボディに優しいといえるでしょう。 なぜかと言うと、朝は気温が上がる前なのでボディが冷えていて洗ったときのカーシャンプーや水分が乾きにくいからです。 カーシャンプーや水分の乾きはシミの原因になりますから、朝起きたら車を洗ってあげるようにしたいものです。 夕方であれば、昼間熱くなったボディが冷えてきているので、朝と同じくかーシャンプーや水分からボディを守ってくれます。

水垢クリーナー

水垢クリーナーを使えば手ごわい汚れも一発!


スポンサードリンク