車のメンテナンス

電気の流れを効率よくするのがアーシング。バッテリーからアース線を出してボディとつなぐ作業をするだけで、オーディオの音質がアップしたり、エンジンがパワーアップしたりするんですよ。電気の力、あなどれません!

アーシング

車は電気を使って動いている

車は、バッテリーに溜められた電気を使って動いています。バッテリーが切れるとエンジンが動かなくなるのはこのためです。 電気にはプラスとマイナスがあるのはご存知の通りですが、車の電気配線は、バッテリーのプラス側から赤いコードが伸び、マイナス側はボディを使っています。


スポンサードリンク

アーシングの効果

さて、アーシングとは、ボディとバッテリーの接続部分を増やして、電気の流れをよくする方法です。 ボディや配線の劣化によって電気の流れが悪くなると言われていて、エンジンが本来のチカラを発揮することができにくくなるため、アーシングすることで電気の流れを良くしてパワーをあげたり燃費を向上させることもできるんです。

車のパワーがあがったためアクセルを踏む量が少なくなって燃費が向上したという実体験を経験した人も多くいます。オーディオの音質アップは、特に分かりやすいですね。 実用的なエンジン回転数でのパワーは変わらないけれども、エンジンを回すと高回転で伸びがよくなった例もあります。

どうやってアーシングするの?

アーシングキットは、カー用品店で売っていますし、多少の工具があれば自分でも簡単にできます。 1〜2万円ほどしますが、車が古ければ古いほど効果が体感できるのがアーシングです。 もし、知り合いの自動車整備工場がありましたら、ワンオフでアーシングケーブルを作成してもらってもいいですね。

アーシング

バッテリーからアース線を延ばして、エンジンルーム内のあらゆるところに接続します。写真は、マイナス端子で、エンジン本体やボディ鉄板など6箇所にアーシングをしています。


スポンサードリンク