車のメンテナンス

ブレーキにもオイルが採用されているんです。と言っても、ブレーキ本体に塗ってあるわけではないですよ!
それじゃぁ車が止まりません。ブレーキは油圧の力で軽々と作動してくれるんです。

車のメンテナンストップページ → ブレーキフルード │ サイトマップ

ブレーキにもオイルが使われているんです(ブレーキフルード)

ブレーキにオイルが必要なワケ

何十キロものスピードを出す車は、とんでもなく大きい力で進んでいます。 この力を抑えるものがブレーキですが、人間の足でそう簡単に抑えられるものではありません。

そこで、ブレーキフルードというオイルを使って、油圧の助けを借りてブレーキを踏む力を倍力装置を経由してブレーキに伝えて止まります。


スポンサードリンク

ブレーキフルードが悪くなってれば・・

もし、ブレーキフルードが劣化していれば、十分に油圧を伝えられなくなって効きが悪くなります。 最悪の場合は、オイルの沸点を超えてオイルが沸騰して気化してしまい、ブレーキライン(ブレーキフルードが流れる管)に気体が混じってブレーキがほどんど聞かなくなるペーパーロック現象を起こす恐れもあるんです。

ブレーキフルードの残量と劣化具合をチェックしよう

ブレーキオイルは、エンジンルームで確認することができ、バルクヘッドと呼ばれるエンジンルームとキャビン(客室)を区切る壁に取り付けられているのが一般的です。 ときどきチェックして、黒ずんでいるときは、交換してあげると安心です。ブレーキフルードが減ることもあります。 タンクに、「MAX」「MIN」の表示がありますので、「MIN」に近づいていたら足してあげましょう。

ブレーキフルード

エンジンルームの中にブレーキフルードのリザーバータンクがあります。色や量をチェックしてみましょう。リザーバータンクの横に「MAX」「MIN」の表示がありますので、不足しているかどうかが一目で分かります。


スポンサードリンク