車のメンテナンス

レンズ類は、古くなると黄ばみが目立ち、いつのまにか黄色い目になってしまいます。 とっても古っぽく見えて、評価ガタ落ちですよ。新しく見せるためにも、クリアなレンズに磨き上げましょう!

車のメンテナンストップページ → レンズ類のメンテナンス │ サイトマップ

レンズ類のメンテナンスもしよう!

クリアなレンズを保つ

車のヘッドライトの樹脂レンズ、黄ばんでいませんか?
レンズの黄ばみの原因は、レンズ表面につく傷です。 平らに見えるレンズ表面も、走行中にいろいろな異物にぶつかり、少しずつ小さなキズがついてしまっているのです。 黄ばんだヘッドライトの樹脂レンズは、古さを強調するだけではなく、ライトの明るさも奪ってしまいます。 車をキレイに見せたり高く売るためにも、安全対策のためにも、レンズはスーっと光が通るクリアな状態にしておきたいものです。


スポンサードリンク

レンズの黄ばみ回復は可能?

そこで、自分でできるレンズの透明度回復方法をご紹介します。 カー用品店に行くと、樹脂レンズのキズ埋め剤やコーティング剤がありますので、製品ごとの使用法に従って作業をするだけレンズの黄ばみを取ることができます。 たいていは、レンズにキズ埋め剤を塗って拭き取るだけの作業と超簡単。新車のようにキラキラなレンズに戻るわけではありませんが、透明度はアップします。

もし、黄ばみが激しいようなら、少し手間はかかりますが樹脂レンズ磨き剤も併用すれば効果的です。 なお、カー用品店でもレンズ回復メニューがありますので、費用はかかりますが使ってみるものいいでしょう。きっと、驚くほど透き通ったレンズに生まれ変わるでしょう。

黄ばんだレンズ

黄ばんだレンズは古さを隠しきれません。

黄ばんだレンズ

横から見ると黄ばみが良く分かります。


スポンサードリンク